更新情報

2015-04-23
副業をしたら確定申告も忘れずにの情報を更新しました。
2015-04-23
確定申告は、誰にでも出来るのかの情報を更新しました。
2015-04-23
確定申告の知識を身につけようの情報を更新しました。
2015-04-23
確定申告には、気をつけようの情報を更新しました。
2015-04-23
確定申告と豆知識の情報を更新しました。

副業と切り離せない確定申告とは

副業を始めると、それなりに収入が手に入るでしょう。
しかし、それとともに気になるのは、税金です。
入ったら支払うのが義務ですが、果たして必ず支払わないといけないのでしょうか。

必ずしも払うものではない


納税は義務になっていますが、副業の場合には、必ずしも義務ではありません。
というのもやってみると、お小遣い程度ということも多いです。
わずかな金額なのにさらに税金を支払っては何にもなりません。
まずは、義務ではないということを知りましょう。

ただし、一定の金額を越えると支払う義務が生じます。
詳しい内容については、別の項にて説明します。


納税するためには、まずは確定申告

納税するためには、税金の金額を算出しないといけません。
その算出をするにはどうしたらいいでしょうか。
そのためには、確定申告の申告書を作成すればいいのです。
申告書書には、いくつかの様式があり、稼いだ金額からそれにかかった必要経費を書いていきます。
書いていくと所得額が算出され、それにあった税率を掛け合わせると所得税、また復興特別所得税が算出されます。

確定申告により会社にバレてしまう

会社に秘密にして、副業をやっているという人も多いでしょう。
しかし、確定申告をやったがために、会社にバレてしまうこともよくあります。
なぜ、ばれしまうのか、またバレないようにするにはどうしたらいいか別の項にて説明します。
ただ、バレてしまうかもしれませんということも頭に入れておきましょう。

確認や準備はしっかりと

確定申告は2月から3月の時期に行われます。
その時期に税務署や税務署の指定する会場にて行われます。
時期や会場の確認もしっかりしておきましょう。

また、確定申告の申告書を書いていくと、わからないことがいろいろ出てきます。
申告期間に間に合うよう余裕を持って、申告書の作成をしておくことをオススメします。
また、この時期には税務署には電話してもなかなか繋がりません。
税務署への電話が爆発的に多くなるためですので、自分でネットや書籍で調べたほうがいいかもしれません。

申告書の提出前には

税務署や地域によって異なることもありますが、提出前には税務署職員や専用の職員による申告書のチェックをしてくれることもあります。
初めての申告書の提出では、間違いもあるかもしれません。
まずはそうしたチェックを利用するのもいいでしょう。
他にも税理士によるチェックを利用してもいいかもしれません。

最後に

納税をする、しないにしろ確定申告の知識は持っていたほうがよいです。
ぜひ、いろいろな知識を身につけましょう。

ページ上に戻る